<< 安産祈願 | main | お仲間に遭遇 >>
2009.11.08 Sunday

想い出の価値

 


かねてから売却を考えていたバイクの見積もりをしてもらうため、
バ○ク王を呼んでみました。


 



まずは、嫁さんが購入した2007年式だと、
新古車状態でも上限21万らしい。
230ccで現行車種のオフ車ってそんな値段しかつかないのか。。
とても悲しくなりますな。


そして転倒で外装に傷がついてるとか、
腐食やらエンジン音やら散々言われてものすごい叩かれましたよ・・・・
自分のバイクではありませんが、あそこまで言われると悲しくなります。


 


そして出た見積価格に愕然。



ひ・・・一ケタ台ですか!!


 



やれやれ。
さすがにそれは無いだろう。
そんな値段じゃ売れないと話をすると、どこまでだったらOKですかとの質問に。


そこからはひたすらバ○ク王との戦いです。
かなり吹っかけられたのが一番の原因ですが、それだけじゃなく色々とマイナス査定の理由を聞いていたら悔しくなってきましたね。


結局最初の査定額からプラス7万くらいまで引き上げられました。
でもこっちはもう売るつもり無し、向こうはどうしても持ち帰りたくて必死。
最後はなかなか帰ってくれないバ○ク王を諦めさせるのが大変でした。


 


最後まで色々言われました。


「今が売り時ですよ」
「このまま残しておいたらもったいないですよ」
「他じゃこの値段じゃ買ってくれませんよ」
「もう少しこちらの気持ちも考えてくださいよ」



・・分かります。
出張査定にかかる人員の工数もあるだろうし、タダじゃ帰れないことくらい。
それに向こうが最終的に譲歩した値段が、中古バイク市場としては適正な価格になったのかもしれません。
オフロードをたくさん走って傷物のバイクですしね。


 



でも、もう値段の世界じゃないんですよ。
悔しくて日記にも書かなかった内容もあって、僕はこの業者にバイクを売る気持ちがゼロになりました。



さてさて、嫁さんがまた乗れるようになるまで自分がたまに乗って維持していくしかないかなって感じですが・・・自分はもうXR-BAJAを持っているため、乗る機会があまり無いのが本音。
どうせなら手放して、誰かに頻繁に乗ってもらいたいって気持ちもあります。
値段うんぬんよりも、このバイクのこと好きな人やツーリングが好きな人に乗ってもらいたい。そんな気持ちになりました。


誰も乗ってくれないなら、値段がつかなくなるまで長く乗ってあげたいものです。



とりあえず、しばらくはこのまま置いときましょう。
嫁さんにも相談だ。

コメント
売らなくて正解です。
バ○ク王めっ!
>SLライダーさん
やっぱ林道ばかり走ってるバイクは売れないのかも。
最後まで乗り潰すかなって感じです。
  • 管理者
  • 2009.11.10 Tuesday 07:45
コメントする








 
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Selected Entries
Recent Comment
Categories
Archives
Links
TWITTER
COUNTER
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM